良い家として感じる事(4)

2019.10.20.Sun.16:02, auther: shida
category: 良い家と感じる要素, comments(0), -

 

 

「良い家として感じる事」と題して

 

「いい家だな」と思える・・・

「これが本質的な事じゃないか」と

自分自身が納得できるようになった事を

お話ししています。

 

(1)「光の反射」

http://pluslife.s-coco.net/?eid=71

 

(2)「好き過ぎる」

http://pluslife.s-coco.net/?eid=72

 

(3)「湿度」

http://pluslife.s-coco.net/?eid=74

 

今回は

 

「いい家具」

 

 

 

 

いい家具があると

その場が良くなるんです。

 

 

いい家具とは”高い家具”というわけではないんですが

 

手作りの物だったり

オーダー物だったり

ビンテージ物だったり

 

そこそこの金額はしています。

 

そこそこっていうのも巾が広いですけどね。

 

そして

値段に関係なく

もちろん

 

「これがすごく気にいって!」

 

という物です。

 

 

家具というのは、常に人が触れるものですし

目の前に存在するものですよね。

 

材質だっていいものだし

緻密なディティールがあって

密度感があります。

 

 

家というのは、ものすごく高い割には

高価な材料は使えないし、

緻密なディティールを考えても予算に合わなくなるし

 

それほど密度はありません。

 

いい家具は、家の足らない部分を補ってくれるものです。

 

また、家具ではなくても

いい器だったり

いい絵だったり

 

「これがすごく気にいって・・」という本物なら

 

それも”場を作る”事ができるし

 

手にするたび・・

見るたび・・

 

気持ちを満たしてくれるものです。

 

当然それらも

家を補ってくれるものです。

 

 

家具でも 器でも 絵でも・・・

 

そういう『家を補ってくれるもの』があると

 

いい家だな〜 と思えるのです。

 

 

****

 

マンションリノベーション Kinoco

の施主nさんは、木の家具が好きで

シェーカーの椅子や オーダーのテーブルと椅子

を持っています。

 

シェーカーの椅子 はその存在で

場を作れます。

 

nさんのオーダーテーブルと椅子は

独特なもので、それもまた雰囲気を作り出すものです。

 

でもリノベーション前は

それが置かれる場所が定まりませんでした。

それどころか導線のじゃまになってもいました。

 

リノベーション後は位置が定まり

とても気持ち良さそうにそこにあるように

見えてきます。

 

マンションリノベーション Kinoco

 

 

 

 

****

 

 

 

【お知らせ】

 

家づくりの相談会 お茶会@新宿

 

11月の予定は決まり次第お伝えします。

 

家の事をお悩みならぜひ参加してください。

ご希望の方には杉板のサンプルも差し上げます。

 

 

予定日に関わらずご相談あれば

ご連絡ください。

対応いたします。

 

 

 

いっしょに考えればきっと、

家の事でぐるぐる悩んでるのを

止められると思います!

 

**

 

みなさん「相談してよかった!」と言われます。

 

みなさんの感想です。

ご利用になった方の声

 

 

 

****

JUGEMテーマ:住宅

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment