解けない”間取り”は無い!

2019.09.09.Mon.16:18, auther: shida
category: リノベーションについて, comments(0), -

( 築10年2世帯住宅仕様の家を3人家族の家にリノベーション 高輪の家 )

 

 

 

『 解けない間取りは無い! 』

 

 

これ、、、ある人が気に入ってくれて

気を良くして使ってます^^

 

 

なんの事か?・・・説明します。

 

簡単に言えば

 

リノベーション(大規模なリフォーム)する時に

元の家がどんな間取りであっても

ご希望の暮らしができる家に作り変える事ができる

 

という事です。

もちろん、構造の問題や予算の問題で

希望が100%”叶う”、とは言えませんけどね。

 

 

 

マンションですと、内部を全部壊すと何もなくなり

コンクリートの構造体だけになります。

最近のマンションならほぼ

室内に構造体の柱や壁が出て来る事はありません。

 

古いマンションや、壁式構造という構造のマンションは

構造体が結構室内に出て来ます。

 

それは、壊せないのでやっかいです。

ですから、それを拠り所としてプランを考えます。

かなり思い切った考え方する事もありますが、

決して暮らしを無視するものではありません。

 

 

 

暮らしとは、ずっと続くものです。

最初の面白さや興奮だけでは、だんだんイヤになります。

 

そんな物は作りたくはありません。

 

 

 

木造の場合には、柱がたくさんあります。

柱と柱の間に壁ができています。

 

内部の壁を全部壊す事はできますが

柱を無くす事はできません。

 

でも、ちゃんと構造を考え直す事ができれば

柱を無くす事もできます。

 

 

普通の人が、住んでいる家のリフォームを考えても

・何ができるのか?

・どう変える事ができるのか?

を想像する事は難しいです。

 

建築やインテリアの仕事の経験がなければ

「無理」と言ってもいいでしょう。

 

 

私でも

「この家、どうできるんだろう?」

と思う家があります。

 

でも

その家の現在の図面を作りながら

ひとつひとつ、部分部分を理解していくと

「こうしたらできる!」というのが見えてきます。

 

よくできたな〜と自分でも思う家のひとつが

 

高輪の家

 

です。

 

−−−−−−−−−

築10年2世帯住宅仕様の家を

3人家族の家にリノベーション

 

高輪の家

−−−−−−−−−

 

 

 

その高輪の家の事をブログで解説しました。

1階玄関あたりの図と写真を使って説明してます。

工事前の図は、新しく作ったものです。

 

見てください

  ↓↓

====

解けない間取りは無い

====

 

 

―――――――――

JUGEMテーマ:住宅

―――――――――

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment