階段って階段以外に意味ある?

2019.08.03.Sat.18:02, auther: shida
category: 家づくりの考え, comments(0), -

LWH002階段

 

( 都心に住むための家:LWH002 階段 )

 

 

 

 

リノベーション/リフォームする時

施主の住むその家に伺います。

 

ハウスメーカーの家の場合も多く

当然、階段を通ります。

 

その時にいつも

暗い気持ちになります。

 

実際に暗いんですけどね。

 

 

その階段は

 

”ただ階段として作っただけ”

 

という・・・

”作る側の意志の何も無さ”

が満ちていて

無表情です。

感情がありません。

 

嫌な気分すら湧いてきます。

 

 

工場で裁断された材料を

現場で組み立てとりつけ

階段の下に、

取り付けられた階段の形状そのままに

ボードが張られ、クロスが張られています。

 

「なにかそれに問題でも?

階段に階段以外の何か意味がありますか?」

 

 

ハウスメーカーの家の階段を上る(下りる)時

そんな声が聞こえてきそうです。

 

建売の家も同じ。

そんなところ(階段)に手間掛けていらんないんですよね。

 

 

私は、階段も「いい場所」でありたいと思っています。

 

階段に長く居る事もないですが

そこを通る時にちょっと心が動く場所でありたいと思います。

 

いや、階段に長く居てもいいと思っています。

椅子のようなものです。

 

そこに座って本を読んでいる・・

何か考え事をしてる・・

お子さんが絵を書いていたり

集めた好きなものを並べていたり・・・

 

そんな姿をいつも想像します。

 

もちろん基本的な機能である

「上り下り」が少しでも楽に感じるよう

寸法にはいつも悩んでいます。

 

できる限り勾配をゆるくしたいし

できるだけ限られた面積で納めたいし。

 

階段は楽しい場所だと思っています。

 

 

**

 

階段の事をこちらにも書きました。

 

玄関・階段をリフォームする家の計画案もご紹介します。

 

 

階段

 

 

====

JUGEMテーマ:住宅

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment