熱いミニマリストの家・・・(共感!)

2019.07.10.Wed.10:46, auther: shida
category: 家づくりの考え, comments(0), -

ミニマリスト・・・というのを

ご存知かと思います。

 

一応、ミニマリスト とは

- - - - - - - - - - - - - - - - - 

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。

コトバンクより

- - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

言葉の定義というのは、

全てを言い表せるわけではありませんから

 

ミニマリストと言っても、

過激でストイックで宗教的ですらあるような人から

「物少ない暮らし」がいいなというくらいの

穏やかな人まで巾が広いのです。

 

「穏やか」な辺りからは、今度

シンプリスト

という範囲に入ってきます。

 

物少ない暮らしを目指すも

物をなくす事が目的ではなく

多少の雑然さも、許容できる

人達です。

 

私が言う「シンプル」も

そのあたりです。

 

ミニマリスト と自称する人達の家は

(一概には言えませんが・・)

なんとなく

物がなさすぎて、

ある意味

物が無い事に酔っているような

そんなふうにも見えるのです。

 

ダイエットが進み拒食症ぎみになっているような。。

 

そこまでではないけど

そんなイメージです。

 

物少ない暮らし

という意味では、スカッと気持ちいいんですけどね。

何かが抜けてしまったような人もいます。

 

今日知った動画は、

ミニマリストの家(マンション)なのですが

見事に物が少なく、でも

とても強いこだわりがあって、

その自分の信念を徹底しているインテリアで

 

ある意味

その人の生き方、人生観の表現であり

暮らし自体がアートのようです。

 

単に「物少なく暮らす」とは意味が違うと感じます。

 

 

・メモ帳

・スマホは人の時間をジャンクフードのようにする

・無駄をそぎ落とす

・物の住所が決まってる

・服を選ぶ時間が無駄過ぎる

・広告のコピーにロマンを感じる

・化粧水と全部無印

・やっぱり心が動くか動かないかだよね

 

など

数々の言葉に、私は共感できます。

 

こうゆう熱いミニマリストの家には

「何かが抜けてる」感はありません。

 

 

好き嫌いはあると思います。

 

こうゆうの無理・・とか

鼻につく・・とか

独身だからできるんだよ・・とか

子供がいたらできるわけないじゃん・・とか

 

まあいろいろ見方の基準はあると思いますが

そうゆうの抜きにして見てもらってもいいかな

と思います。

 

「あなたの好きを実現しましょう」

と私は言っています。

 

何かできない理由を探して

「やらない」というのは、違うと思います。

 

今すぐできるかどうかは別ですけどね。

 

 

そうゆう意味で、刺激になるんじゃないかと思います。

よかったら見てください。

 

現在ホスト界の帝王ROLAND。

超ミニマリストな自宅を公開

https://www.youtube.com/watch?v=lVGxevs8E7o

 

 

 

−−−−−−−−−

JUGEMテーマ:住宅

−−−−−−−−−

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment