木の匂い

2019.07.10.Wed.10:42, auther: shida
category: 無垢の木の床_杉の床, comments(0), -

仕事場に、木のサンプルがたくさんあります。

 

ある時から、朝部屋に入ると

木の匂いを感じるようになりました。

 

ずぅと、木のサンプルはあったんですが

そんなに”木の匂い”を感じたかな・・?

 

と改めて思うくらい

突然”木の匂い”を感じるようになりました。

 

 

何でだろう?

 

考えてみたら・・・

 

 

”木の匂い”を感じるようになる少し前に

そこそこの量の杉板をもってきていました。

 

それしか、理由がありません。

突然体質が変わったような事もないですから。

 

 

何が言いたいかというと・・・

 

 

家に木を使うとして、

ほんのちょっとしか使わないと

木の匂いはしないという事です。

(厳密に言うと慣れてしまって感じなくなる)

 

まして現在の家は、

木造でも、構造の柱も梁もボードで覆ってしまい

さらにビニールクロスを張って

コーティングしてるようなものです。

 

床がフローリングだから木が見えてる・・・?

 

と思っても、

実はその木に見えるようなのは

プリントしたシートの可能性が高いです。

 

もしくは

うす〜くスライスした木を貼ってあるベニヤで

且つ、傷つかないように塗装をしっかり塗られています。

 

どこみても「木」が出てない家。

 

 

今の一般的な新築は

ドアを開け中に入っても、

するのは木の匂いではなくて

なんだか化学的な匂いです。

 

 

 

木の匂いは、

人にとって、波長が合うものです。

 

木の種類によって匂いが違うので

好き嫌いはあります。

嫌いな匂いはストレスになりますが

 

そうでなければ、

 

木の匂いを感じると

とても落ち着く感じがします。

 

 

先日お話しした

朝日新聞の記事

「杉はもう悪者じゃない。調湿、大気浄化、リラックス効果・・」

に書かれてたように

 

(杉の匂いの話しではありますが)

 

その匂いで

 

・リラックスするし

・免疫力も高まるし

・アトピーが弱まったり

・熟睡できるようになったり

 

するそうです。

 

なのでお勧めしたいのは・・・

 

「木をたくさん使ったほうがいい」

 

という事なんですが、、、

 

 

じゃあ、構造材に増やしてたくさん使った家にしたらいいの?

 

というのも現実的ではなく

(手間が増えて工事費が高くなるので)

 

 

最初の話しに戻って

木がたくさんあると匂いがする・・

という意味で

 

床に使うのが、現実的で、

それなりの量を使うし

すごい表面積が生まれます。

 

 

表面積が大きいという事は

木が匂いを発する部分が多くなるという事。

 

 

 

木の匂いがする・・

木の匂いを感じる・・

 

それは、、、住む人の体や心にとっていいので

 

ぜひ、床に無垢の木を使ってほしいと思っています。

 

 

**

 

先に書いた 朝日新聞の記事は

ネットで見れますが、登録が必要でメンドクサイです。

 

私なりに要約してブログに書きました。

前回からさらに、幾つか解説もつけましたので

また読んでみてください。

杉板の効果

 

 

無垢の木のメンテナンスで

頻繁に”水拭き”するのはお勧めしません。

 

濡れて木の表面が

毛羽だち、ザラつき、

かえって汚れやすくなるからです。

 

乾いたら”から拭き”してくれるなら、いいですが。

(擦れて毛羽がなくなるから。)

 

ただ、濡れると匂いが立ち

それが気持ちいいんですよね。

 

良く絞って、たまには拭いて

匂いを楽しむのも、いいと思います。

 

 

 

 

――――――――――

JUGEMテーマ:住宅

――――――――――

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment