家が変わる前に変わることは?

2019.06.28.Fri.15:43, auther: shida
category: 家づくりの考え, comments(0), -

「 お会いできてよかったです 」

 

 

これは、リフォーム設計中の家の奥様aさんが言われた言葉です。

 

 

 

aさんのお宅には3回伺っています。

 

3回目の先日は、計画案を提示し

” こんなふうに家が変わる ”

という事を見ていただきました。

 

最初の言葉は、

ひと通りお話しが終わった後に

aさんが言われました。

 

「(家) 変わるんですね。。」

とも言われました。

 

そう思ってもらえてうれしいです。

 

プランを見て、変わる家の姿を知り

やっとご安心できたからなのではないかと思います。

 

 

**

 

はじめて伺った日は

「来て、見て欲しい」

という事で伺いました。

 

aさんの家は、あるハウスメーカーで建てた家。

悪いわけではないんだけど

住み始めて約6年・・・

aさんの中でいろんな想いが積み重なってしまい

ご自身の中で”どうにもならない”状態に近かったのだと思います。

 

aさんも働いているし

男の子3人いて、

悩みの一つの「物があふれてる」のは

ある意味しかたない事でした。

 

その日は、お悩みになってる事を聞き

「こんなふうにできるんじゃないか」というお話しをさせていただきました。

 

「そんな事ができるんだ」と驚きの気持ちがaさんの中に起きたと思います。

 

家に伺った2回目・・・・

1回目より物が減りました。

 

3回目・・・

かなり減りました。

もう”物があふれてる”というふうには見えなくなっていました。

 

もちろん打合せだから、片付けられたとは思いますよ。

 

でも、「片付けられる」 というのは

「片付ける物の量」と同等の”気力が出ている”からです。

 

それは・・・

私と会ったから・・・???(笑

いや、そこまで厚かましい事は言いません。

 

たぶん、ほんのちょっとのきっかけなんだと思います。

ひとりで悩み、光を背にして影ばかり見ていたのが、

振り返ったら、明るい世界があった。

 

ただそれだけの事です。

 

工事をすれば、家は変わります。

家が変わるから、住む人の心も変わります。

 

いえ、

 

家が変わる前に

もう心は変わり始めてるんです。

 

「家は変わる」と思えた時から。

 

 

 

私の第一歩は、肩をたたいて

「こっち」と、向きを変える事なのかも。

 

 

aさんのお宅に最初に伺った日・・・

aさんは顔を上げ、向きを変えたのかもしれません。

 

 

 

ーーーーーーーーーー

JUGEMテーマ:住宅

ーーーーーーーーーー

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment