「なんで?」という言葉に要注意

2019.05.10.Fri.10:25, auther: shida
category: 家づくりの考え, comments(0), -

 

「なんで?」

 

という言葉がキライです。

 

なんでかと言うと・・・・

 

 

その「なんで?」は、

 

ほんとうにそれがわからなくて出て来る

 

「疑問=why」ではなくて

 

相手に対する「否定」だからです。

 

----

JUGEMテーマ:住宅

----

 

 

なんで・・(あなたは言ったとおりにできないの)・・?

 

なんで・・(私がイヤな事を平気でやるの)・・?

 

なんで・・(そんな事がわからないの)・・?

etc

 

 

わかりますよね。

 

 

 

この言葉が出て来る時は、もうイライラしてます。

 

相手を、視線や雰囲気で攻撃してます。

 

想像するだけでも感じ悪いですね。

 

どんどん黒いエネルギーが溜まっていく感じ。

 

まわりの人にもそれが伝わります。

 

 

 

だけど、「なんで?」が一番攻撃するのは

 

実は 「じぶん」 です。

 

 

 

「なんで あの人は言ったとおりにやらない?」

 

「なんで わたしばっかり?」

 

「なんで 私がこんな目に合うの?」

 

 

 

他人を責め、攻撃すらする言葉のベクトルは

 

「じぶん」に向かっているという事なのです。

 

 

ベクトルとは記号の矢印 → です。

 

想像してください。→がどんどん「じぶん」に向かってくる状況を。

 

 

なんだか辛くなります。

 

 

言葉の暴力 って言いますよね。

 

でも、自分の言葉で「じぶん」を傷付けてる事が結構あります。

 

それは気をつけなければいけません。

 

 

 

「じぶんの事わかってます」

 

「じぶんの事好きです」

 

 

 

と言っていても、

 

「じぶん」を結構いじめてるかもしれない自分が・・・・

 

自分の正直な気持ちを、簡単に言えると思いますか?

 

 

「自分」が「じぶん」にカッコつける・・・

 

もしかすると、本心を言おうとする「じぶん」を

 

自分がバカにしたり、「そんなんじゃないよ」と否定しまうかもしれないのです。

 

 

 

 

では、その「なんで?」が出て来るのはなぜでしょうか?

 

その話しは次回に。

 

 

 

 

 

 

**

追伸1

 

 

「なんで?」の話しは家作りに関係ないような気がするかもしれませんが

「なんで?」は、人の内面の話しです。

 

それがどう関係するかというと・・・

 

 

家って、住む人を表していて、

住む人を表すという事は、

その人の内面を映してしまうかもしれないのです。

 

住む人が元気なくなると、家もそう見えてきてしまいます。

 

 

 

「家相」や「風水」をやっているわけではありませんが

「気」というのは、大切だと思っています。

 

人の気、、物の気、、そして「家の気」。

 

 

あなたは、どう思いますか?

 

 

**

 

心の中の「じぶん」を知るという事は

簡単ではないかもしれません。

 

こんな記事をご紹介します。

(以前にもご紹介したことがあるかも・・?)

= = = = = = = = = = = 

心の声を聞くために、必要なのは「自分のトリセツ」と「自分の居場所」。

精神科医・星野概念さん[後篇]

= = = = = = = = = = = 

 

 

**

追伸2

 

先日、家づくりを考えられている20代のご夫婦とお会いしました。

最近、50代60代70代の人の家があったりしたから

20代の人が必要とする家とは違う事を

お話ししながら改めて実感しました。

若いって、いいな〜って思います^^

 

**

追伸3

 

「家づくりで大切な事」シリーズはとりあえず終了。

 

最後の 「したい暮らし」を知る方法 を読んで

家づくりを考えていらっしゃる方からメールをいただきました。

ご自分が望んでいる「したい暮らし」に少し気付けたそうです。

 

私の考える「知る方法」が誰にでもうまくいくとは思いません。

でも、考えやすいのではないかな、と思います。

 

「自分に正直になる」って結構難しいと思うんです。

でも「イヤな事」はかなり正直に言えると思います。

そこから「じぶん」の気持ちを汲み取ってあげてください。

 

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment