打合せの回数

2020.09.23.Wed.17:29, auther: shida
category: 家づくりの考え, comments(0), -

( バイクガレージハウス LWH001 : 施主とは様々な事話しこの形になった )

 

 

 

打合せの回数に制限がある?

 

それを決めてる人もいるのは聞いた事

ありますが、

さすがに「初回を含め着工まで4回」

というのはビックリです。

 

このブログの話しです。

    ↓

・ リノベーション会社と契約解除した理由(1)

 

 

リノベーションは、

短期間でできて手離れよくて

収益性が高い

 

なんて話しは昔からありました。

 

でも、実際やってみると

確かに新築よりは早い(場合が多い)

ですが、

設計期間は、そんなに短くならないです。

 

そもそもが

何かお悩みがあって、

そこをいっしょに理解するとことから

始まります。

 

ご自分でさえ、

ご自分の感情が先立ち

本質的な不満や悩みを

理解されてない場合も多いのです。

 

たぶんそこだけで打合せ4回分

くらいあると思います。

実際にお会いする回数というより

メール等での打合せ含めての

時間のイメージです。

 

 

たぶん会って話しをしたほうが

短時間で済むと思いますが

ご都合がありますから

なかなかそうはいきません。

 

メールでお返事するのも

本当の事を言うと

内容によっては、

2時間とか掛けて書いて送信します。

 

会って打合せでも2〜3時間ですから

1回分の打合せ時間掛っている事になります。

 

なのに

「初回を含め着工まで4回」しか打合せしない

というのが、想像できません。

 

初回:希望を聞く

2回:プラン3案提出し、選ぶ

*ほぼ変更できない。

3回:細部の仕様決定

4回:見積調整して金額決定

 

 

 

家に思い入れが

それほどない人ならいいですが

 

普通の人が、4回の打合せで

自分自身を理解し

かつ相手は1回で依頼者を見抜き

間違えのないプランを作り

満足できる家が出来るのでしょうか・・?

 

それを4回で済まし

コーディネート料とデザイン料を得るのです。

 

リノベ会社って儲かるわけですね。

 

 

家づくりに「正しいひとつの事」みたいのは

ありません。

 

人の数だけ、状況と価値観が違うので

家づくりも同様に違います。

 

ですが・・

施主が、

「作る側の敷いたラインに乗ってる感覚」

を持ったとしたら

それはやっぱり正しくないと思います。

 

建築の事は、わからない事ばかりです。

自分自身が本当はどうしたいのか?は

なかなか理解しにくい事だし

うまく言葉にできないものだったりします。

 

何かを見て「これ!」というけれど

それが正しいとは限らない・・・

目の前にあるから「これ」と思うだけ

かもしれないのです。

疑問に思いつつも。

 

 

だからと言って

回数や設計の時間が多いほどいいとは

思いません。

ただ、数回で済む事は

絶対にありません。

 

・・・でも

逆に決めたほうがいいのかな?

 

 

−−−−−−−−−

JUGEMテーマ:住宅

−−−−−−−−−

 

リノベーションも家づくりです。

新築と同様に。

 

こちらも読んでみてください。

注文住宅で後悔しないためにやるべきこと

 

 

 

 

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment