4+)背景となる家

2020.07.30.Thu.15:27, auther: shida
category: 家づくり始める人がやるべき事, comments(0), -

 

( 家族4人の小さな家 マニハウス )

 

 

 

『家づくり始める人がやるべき事』

というテーマで書いています。

--------------------

第1回:自分の好きを知る

第2回:相談する/話しを聞く

第3回:あなたが幸せになる

第4回:変わる事を認める

--------------------

 

第4回で質問をしました。

 

今、あなたにとって家とは何ですか?

今、あなたはどんな家がいいですか?

 

です。

 

 

私の考える「私にとっての家」とは

 

暮らしの背景になるもの

 

です。

 

それについて今回お話しします。

 

 

私は、朝、やかんでお湯を沸かすのが好きです。

 

コトコトお湯が沸く音、シューシューと湯気の音

 

単純なそんな音のある「湯を沸かす」時間が好きです。

 

湯が沸く、その背景には

ステンレスのキッチントップと

タイルの壁が

いいんです。

 

私にとっては。

 

 

あなたは、家の中で、

何をしている時間が好きですか?

 

それをしている時に、

まわりはどういう状態だったら

気持ちいいでしょうか?

 

ここでなんとなく

背景 という事に

気づいてもらえるかもしれません。

 

 

人物の写真・・

ポートレートといいますが

(あくまで)一般的には

望遠レンズを使い

人物を遠くから撮ります。

 

背景をぼかし

人に焦点を当てるためです。

 

その場合、

背景のディティールは関係なくて

色とか光とかで

『印象』を作ります。

 

背景によって

その人の「らしさ」が出たり

より「美しく」なったりします。

 

 

背景の事・・

なんとなくわかってもらえるでしょうか。

 

 

実際に目にしたり雑誌などで見たりして

こんなオフィスで働きたいとか

こんなお店で食事したいとか

思った事があると思います。

 

 

その写真が

建築やインテリアの専門誌だと

建築物や室内そのもの

つまり

その空間を作る構造や仕上げ、照明、装飾

に目が向きます。

 

でも、「そこがいいな」と感じた写真は

モデルとか実際に使っている

『人』がいる写真だと思います。

 

写っている「人」に自分の気持ちを重ねます。

 

「気持ちいい」

「楽しそう」

「ワクワクする」

 

など。

 

建築やインテリアが「主」ではなく

背景になっています。

 

背景とそこにいる「人」の関係・・

 

もう、想像つきますね!?

 

 

ここまでで

なんとなく「背景」の事がわかってもえたと思います。

ただ、わかってはみても

なんとなく漠然としているでしょうか?

 

背景・・・

それは

 

漠然としているものです。

「ぼかしてる」と言ってもいいですね。

 

「ぼかすなら、作りこんでも、いい素材を使っても、 関係ないじゃない。」

 

というふうにも考えられます。

確かにそうかもしれません。

写真なら。

 

家は、、写真ではありません。

 

あなたが、そこにいる場所です。

 

人の目は

とても高度な性能があります。

ただ

カメラのレンズのように

焦点を当てたもの以外をカスミのように

ぼかす事はできません。

 

一つのものに焦点を当てても

その他の情報を取り入れています。

 

目だけでなく

体全体で、何かを感じます。

触る物の感触、物が発する雰囲気、

音、湿気、温度、匂い、空気の流れなど。

 

そういうもの全てで

「気持ち良さ」を判断しています。

 

 

つまり

家の素材がなんでもいいというわけにはいかないのです。

間に合わせのような作りじゃダメなんです。

 

感じてしまいます。

嫌な気持ちや落ち着かない感じに

なってしまいます。

 

 

作りこむかどうかは、個人の好みです。

 

私は、住む人に焦点を当てたい。

 

だから家は

背景としてぼけて

その人らしさや

その人の行動(暮らし)が美しく

浮かびあがるように

 

シンプルで質のあるものでありたいのです。

 

 

今、あなたにとって 家とは何ですか?

今、あなたは どんな家がいいですか?

 

考えてみてください。

 

 

( つづく )

 

 

--------------------

JUGEMテーマ:住宅

<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment