断捨離と「好きを知る」

2020.07.18.Sat.19:52, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( 「みんなが集まれる家にしたかった」を実現・中野の家/リノベーション )

 

====

 

『断捨離で冷え切った夫との関係が改善!』

49歳女性 専業主婦 会社員の夫と大学生の息子

 

私から話掛けてばかりで

夫から話かけてこない。

そんな冷え切った関係に

息子が独利した後

二人での生活は耐えられない。

離婚も考えていた。

 

いろんなセミナーに行ってみたものの

何も変わらない。

 

「これが最後」と思って

藁をもつかむ思いで見たのが

『断捨離入門DVD』

====

 

 

 

突然の始まり方ですみません。

 

決して「断捨離DVD」の

関係者ではありませんし

その売り込みではありません。

 

ちょっと気になる事があり

販売のためのセールスライティングを

読んでみました。

 

上記はその始めりを

要約したものです。

 

要するに

「断捨離DVD」を見て実践したら

冷え切った夫婦の関係が改善し

今は幸せ。

という話。

 

 

断捨離ってすごいですね〜

 

でも

そういう話をしたいわけではありません。

 

それを読んでいて

「好きを知る」という事の本質と

同じだなと思う事が書かれていました。

 

以下、後半の要約です。

 

 

====

 

キッチンの断捨離から始めた。

7年も使ってない皿ができてきた。

私の好みではない皿だった。

なぜそれがあったのか・・

 

もらったいないから捨てられない。

まだ使えるから捨てられない。

使えるのに捨てるとヒドイやつだと思われると思っていたから。

 

気が付いた。

私がいかに『他人軸で生きていた』かを。

 

自分が使いたい?

自分がどうしたい?

 

という事にまったく目を向けていなかった。

片付けを続けながら自分を振りかえっていた。

 

「ずっと家族を優先して我慢してきた」

「家事を頑張っても当たり前で済まされる虚しさ

「夫も子供も外に自分の世界があるのに私は置いてきぼりの寂しさ

 

いろんな心のガラクタを抱えていた事に気が付いた。

 

私はずっと誰かに認めてもらいたかった

夫にも子供にも親にも・・

 

でも違った。本当は

 

自分が自分を認めてあげなかった。

 

片付けを続けると

40歳の誕生日に夫が買ってくれた

マグカップが出てきた。

もったいなくてしまって、忘れていた。

 

夫は私を喜ばせようとしていくれたんだ・・

 

当時、家事や育児に追われいつもイライラしてた。

怒ってばかりの私に夫は距離を置いてしまったんだ。

 

夫との関係を冷たくしたのは・・

私だった。

====

 

 

その後、夫に謝り気持ちを理解しあえ

うまくいくようになりました。

という話です。

 

この話の何が

「好きを知る」

につながるかというと・・

 

他人軸で生きていた

「夫と関係を冷たくしたのは私だった

 

の部分です。

 

不満ばかりを感じる人は

他人軸」で物事を見てるかもしれません。

 

「こんなにしてあげてるのに・・」

「なんで私ばかり・・」

 

つまり、

自分はかわいそうな存在、なんです。

悪いのは相手だったり世の中だったり。

 

 

外から自分に、常に

何かが向かってきて

一生「かわいそうな私のまま」です。

 

でも

自分がどうしたい?

と考え始めると

流れが逆になります。

 

それが

「(自分の)好きを知る」と

同じです。

 

他人の基準ではなく

「私が」好きなもの。

 

「私が」という基準 が始まります。

 

家づくりでは まず

あなたが幸せになってください。

あなたの「好き」が実現する事で

幸せになれるのです。

 

「あなた」は満たされます。

 

だから家族の気持ちにも気づけます。

家族の幸せも考えられます。

 

自分と同じように

夫の・・妻の・・子供の・・

「好き」も尊重できます。

 

家族の関係は

「あなた」が満たされるからうまくいきます。

 

**

 

あなたの「好き」はなんですか?

それは実現してますか?

 

--------------------

家づくり始める人がやるべき事(1)

--------------------

 

 

JUGEMテーマ:住宅

なんで・・悩んでそんなに自分を不幸にしてるの?

2020.07.11.Sat.18:00, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

 

今回の話しは

家づくりを考える時に大切な

「好きを知る」

という事に関係します。

 

**

 

ひさびさに、

ガツン!と来るパワフルな人を見付けました。

 

ヨシダナギ

 

という女性の写真家をご存知でしょうか?

 

==

▼ヨシダナギ WEB SITE
http://nagi-yoshida.com/
▼Wiki pedia

ヨシダ ナギ

==

 

アフリカの少数民族の写真で有名になった人だそうです。

現在34歳。若いんだけど

彼女の言葉に胸を叩かれたような気がしました。

 

 

いくつかご紹介します。

 

〜〜〜〜

失敗を失敗ととらえてないかもしれない。

失敗したっていうよりは、

「あ?よかったじゃん」て。

そのもう1個悩んでたら

その一個の選択肢が消えただけ。

そうしたらもう一個いけるじゃん!

考え方次第なんじゃないか。

〜〜〜〜

 


〜〜〜〜

ちょっとおっくうだなと思うことは、

大して、言うほどやりたくないことだって

判断するので、

じゃあ やめようと。

違うもの探そうと。

出来ないものを努力するってことも

すごい大事だと思うんだけど、

それは努力の得意な人にしか

適応できないんだと思う。

〜〜〜〜

 

〜〜〜〜

いろんな国の人を見てると

日本人は比較的すごく謙虚で

ぐっと我慢する。

それがすごく美徳だと思うけど

それ ゆえに

自分の幸せを犠牲にしてしまっている人が

まだ男性にしても女性としても多いと思う。

もうちょつと自分がやりたいこととか

わがままを言ってもいいんじゃないかな。

〜〜〜〜

 


〜〜〜〜

特に(アフリカに)飛び込もうとか

あまり意気込みはない。

行きたいから行ってるだけだし

会いたいから会ってるだけ。

あまり構えない。

そういう構える場所は好きじゃない。

頑張んなきゃ立てない場所は

私はそもそも行かない。

〜〜〜〜


〜〜〜〜

(ある少数民族の人に言われた事)

 

なんで

先のわからないことに対して悩んで

そんなに自分を不幸にしてるの?

 

今 君が幸せでいることが

将来幸せに繋がるんじゃないの?

 

って言われた時に、本当にそうだなって。

〜〜〜〜

 

 

 

 

何かあなたに響く事、ありましたか?

 

彼女の生き方は特別かもしれません。

でももし、ふと心の中に何かが灯っても

「私と違うから」とそれを消してしまう事は

 

「自分の好き」を遠ざけてしまう事と

同じような気がします。

 

 

 

今 君が幸せでいることが

 

将来幸せに繋がるんじゃないの?

 

 

 

それ・・家づくりも同じだと思います。


今 幸せになるために

あなたの「好き」を考えてください。

家づくりで、実現してください。

 

 

ヨシダナギさんのインタビュー動画

 

 

 

 

-----------------

JUGEMテーマ:住宅

ヴィンテージとアンティーク

2020.06.24.Wed.18:16, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( 都心に住む!。独身者の家 : LWH002 )

 

 

ヴィンテージとアンティークの違い

ご存知?

 

なんとなくはわかりますよね。

アンティークのほうが古そうなん感じ。。

 

調べればすぐ出ますが

 

ヴィンテージはラテン語が語源。

ぶどうの収穫期、優良な、時代ものの

という意味。

元がワイン用語で、そこから

「希少価値が高い」「年代物」

のような意味に。

 

アンティークはフランス語

古美術や骨とう品という意味。

 

言葉のディテールはご容赦ください。

 

 

 

5月(2020年)

webmagazine 100% LIFE に掲載された

LWH002

 

その原稿チェックの時

ライターの人が、施主Mさんの持ち物を

アンティークと表現。

 

Mさんはそれをヴィンテージに訂正。

 

 

Mさんにとって

ご自分の持ち物はひとつひとつ厳選された物。

 

ヴィンテージというのは

Mさんの価値基準を表すので

正しく表現してほしかったのです。

 

 

アンティークは、イメージ的には

「骨とう品」で

どちらかというと「飾るもの」

 

ヴィンテージは、ワインの年代物の話が出ましたが

 

投資的な物もあるけれど

年代(収穫時の環境)と年数(保存期間/保存状態)

によって味が変わり、それを楽しむ物・・

 

つまり、飲む物。

飾りではないという事。

 

要するにヴィンテージとは

年代ものであるけれど使える物。

 

Mさんの場合には

日常使いする物の中に

古くて質や味わいのある物がある

という事なのです。

 

 

 

私も古いものは好きです。

でもアンティークのような

「飾るような物」にはあまり興味はありません。

(なくもないけど。。)

たぶん、コレクターの素質もないと思います。

 

 

コレクターにはなれない理由

好きな物は触れていたい。飾りはいらない

 

一時、ある車のミニカーが欲しかったんです。

それが欲しかったのは

ただ、「触りたい!」から。(笑

 

 

ケースの中に入れて「眺める」のではなく

すぐそこに、直に、あって欲しいんです。

 

 

古い家も好きです。

でも「希少価値のある」とか

そういうものではなくて、

 

「住める」もの

「住みたい!」と思うもの

 

「住む」というのは

その家に「触れている」という事。

 

そういう気持ちにさせる、普通の家 が

あるんです。

特に誰も気にしない家かもしれません。

 

ブログに収集記録↓

カテゴリー:街歩き・街を考える

 

 

私は最近 『古材』に興味があります。

古い家から救われた木の梁や柱。

 

何十年とか百数十年とか・・・

木が伐られるまでの年数を入れれば

どれも100年以上。

 

そういう「時間が積もったもの」は

作りだす事はできません。

塗装や火であぶったりしたとしても

「古材”風”」でしかないんです。

 

 ( ○○風・・・なんて嫌な言葉か。。)

 

そういうものが自分のそばにあって

毎日触れる事ができたら・・・ うれしい。

 

何かエネルギーを得られる・・・

というような気にもなります。

 

 

古材だけでなく、古建具 も好き。

それらもやっぱり

ヴィンテージ!

使うために。

 

 

そんな物達・・

あなたも好きですか?

 

 

 

 

ーーーーーーーーー

JUGEMテーマ:住宅

ーーーーーーーーー

 

 

家づくりの相談会 参加募集中

 


read more...

いい日は今ではなくていつですか?

2020.06.11.Thu.20:29, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( やりたかったのは、みんなで好き勝手料理作って食べる事: 中野の家 リノベーション )

 

 

あなたにもありますか?

後まわしにしてしまう事。

 

「まあ・・まだいいや。」

 

「いつか、「できるようになったらね。」

 

「そのうち・・・」

 

「我慢しよう。いつかきっと・・」

 

などなど。

 

 

これらのように

今 何かしたいな〜 (やってみたいな〜)

という事があったとしても

 

「いや、やっぱりいいや。。」

「今は難しい。(私なんか) できそうもないし。」

と、飲み込んでしまう。。

 

その背景には、

お金の問題が大きくあるかもしれません。

 

それから

 

「どうせ自分には無理」

「あれもあるし、今忙しいし・・」

「そんな事やる前にやる事があるでしょ」

「もっとちゃんとできるようにならないとやってもダメでしょ」

 

など、

自分にブレーキを掛けてしまうからかもしれません。

 

 

何年前か忘れたのですが

TVを見ていてメモしたセリフがあります。

 

==

どうして

いい日は今日ではなくて

いつかなの?

 

それは耐えてしまうから。

あなたは無力ではない!

==

 

今となってはどんなものを見てメモしたのか・・・

メモした言葉が正しいのか・・・

わかりません。

 

でも

 

どうして

いい日は今日ではなくて

いつかなの?

 

これだけがずっと心に残っています。

 

 

私達は日常的に

我慢していると思います。

 

 

ある物が欲しいけど我慢する

というのは「物欲」の話しですが

それではなく

 

 

「うまくなりたい」

「よくなりたい」

「あれをやりたい」

「こうなりたい」

 

など

自分が向上する事

自分が前進する事

自分が変わる事

さらには

自分が幸せになる事

 

を何かを理由にしたりして

我慢してしまいます。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜

私が言いたいのは

自己啓発的な話しではありません。

 

家とあなたの関係です。

 

もうすでに満足な家を手に入れた人には

あてはまらない話しです。

〜〜〜〜〜〜〜

 

 

我慢した家・・・

 

つまり

今住んでいる家が

本意ではない家。

 

 

賃貸かもしれない。

古くてどこもかしこも好みじゃないかもしれない。

使いにくい間取りだけどリフォームしたらお金かかるから

我慢してるかもしれない。

 

それを「しょうがないよ」と言い聞かせ、あきらめる。

 

そういう「あきらめた部屋(家)」に居るあなた自身って

どんな人ですか?

 

 

家と同じように さえない人?

家と同じように ダメな人?

家と同じように ボロな人?

 

 

違いますよね?

 

 

「今はしょうがない」と諦めても

「いつかはきっと・・・」と思ってますよね。

 

では

 

その「いつか」は、いつ来ますか?

 

「いつか」が来るまでのその家は

「しょうがない」家のままでいいですか?

 

「しょうがない家」に暮らす

「しょうがない私」でいいですか?

 

 

 

ただ、これ

言葉だけで想像すると苦しそうですが

 

実際は、それほどでもありません。

なぜなら・・・

 

 

人は、その環境になれてしまうから。。

まして

「しょうがない」と諦めているんですから余計に。

 

 

改めて言いますが

 

それでいいですか?

あなたは、

その「しょうがない」家にふさわしい人?

 

 

 

違います。

 

 

今・・・・

「私はこの家にふさわしくない」

と思ってください。

 

そして、

あなたにふさわしい家に暮らしましょう。

 

 

 

と言っても

すぐに家を建てたり引っ越したりできるわけではありません。

 

 

できる事から、今住む家を変えていきましょう。

 

物を片付け、処分してみましょう。

少しずつでいいから。

 

何か好きな物を飾りましょう。

花を飾るのだっていいと思います。

 

無垢の木の家に住みたい!と思っているなら

無垢の木、板、、を手に入れください。

1枚でいいから。

 

その匂いをかいでください。

触ってみてください。

木って、いいですよ〜

気持ちも落ち着きます。

 

何かちょっと変えましょう。

そうすれば心に小さな火がともります。

 

その小さな火を

少しずつ増やしましょう。

だんだん火が大きくなってきた頃には

きっと

 

あなたの部屋は、家は・・・

あなたにふさわしいものに

変わっているはずです。

そして

幸せな気持ちになっているはずです。

 

 

 

先々、家を建てる、、引っ越す、、としても

今居る場所を、気持ちよい場所に変えましょう。

 

どんな時も

あなたが居る場所は

「しょうがない」場所ではないのです。

 

 

あなたはが幸せになるのは

「いつか」ではなくて

 

「今」・・ いや

 

「今も」 幸せでいい。

 

 

-----------------

JUGEMテーマ:住宅

-----------------

 

 

賃貸だって杉の床にする事もできます。

(こんな事をやっている人がいます。)

床敷きブラザーズ

 

 

リフォームしたら、確かにお金が掛ります。

だからといって、ずっと我慢しつづけて暮らしますか?

ずぅっ〜と心の中で「ためいき」ついていますか?

でも

ひと部屋でもやったら、気持ちはまったく変わります。

LDKリノベーション ふじみ野の家

 

 

「家が欲しい!けど、まだ何もわからないし

まだうちはそういう段階じゃないから、いいや。」

と思う人はたくさんいます。

 

でも勇気を持って来てくれた人は

それをきっかけに家が実現する人がいます。

家づくりの相談会・ご利用になった方の感想

 

 

 

家づくりの相談会・参加募集中

 

 

 


read more...

あなたの「本当は・・」を聞かせてください

2020.06.11.Thu.19:37, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( 2001年完成。以降ほぼ満室を続けるアパート M's エムズ )

 

 

 

前からお話しを続けていた

「賃貸住戸のリフォーム」の設計が終わりました。

 

その話しをちょっとします。

 

今回リフォームの設計した賃貸は

中古で購入されたものです。

 

住戸の中身(間取り)は

いわゆる「賃貸」というものです。

 

まあ、特別な事のように言う事でもありませんね。

賃貸なんですから。

 

でも施主の方は、それが納得できないんです。

 

たとえば

今回リフォームする部屋は

 

玄関からすぐに約9帖のダイニングキッチンになります。

 

9帖って大きいんですよ。何もないと。

アパート用のキッチンセットが、北側の壁にあります。

東に壁には、洗面脱衣室が扉なしであります。

南の端にはトイレがあります。

 

ダイニングキッチンという用途の他に通路でもあります。

 

「この部屋で料理なんか作る気にならない」

と施主は言われます。

 

**

 

以前、別の部屋をリフォームしたそうです。

その時に、

若い人が住む部屋にするために

「こんなの使いたい」と提案したら

 

自分が住むわけでもないのにそんなに手を掛けてもしょうがない」

 

不動産屋や施行会社の人に言われ

希望を取り下げてしまいました。

 

ショックですよね。

「こんな賃貸を作りたい!」と希望があったのに

誰にも賛同されない。

賛同されないどころか、却下!

 

 

オーナー(施主)がやりたいと言ってるのに

却下って なんだ! と思いますけどね。

 

 

そんな経験を重ねてきたからか

ご自分の「やりたい!」という声が

だんだん下ってきてしまう。

 

私とやっていても・・・。

 

 

 

私が提案した案を

気になるところがあったのにも関わらず

「プロが言うのだから」と

ご自分の声を引っ込めていました。

 

でもいざ現地で確認すると

やはり不安になり

その事をお話ししてくれました。

 

そこから改めて

「本当はこうしたい」

の話しになりました。

 

他にも事情があって

「本当は・・」を引っ込めていた

部分もあります。

 

割り切れたのならよかったけれど

そうではなかった・・・

 

最終的な案を

「楽しそう!」

「楽しみです!」

と言ってくださいました。

 

 

きっとこれまで

味方になってくれた人がいなかったんです。

 

 

 

たぶん、とっても大変だったと思いますが

かなりメールのやりとりをしました。

 

「えっ・・まだ話すの?」

と思われた事でしょう。

 

でもその中で

「(気持ちを)話してもいいのかも?」

と思われたのかも。。

 

 

最終の提案のスケッチは、こちら

これこそ「大家が住みたい」部屋

 

 

====

JUGEMテーマ:住宅

====

 

家づくりの相談会 参加募集中

 

 


read more...

「”好き”探し」の落とし穴

2020.06.02.Tue.16:41, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( 70代リノベーション。集めた器を全部飾り眺めて暮らしたい!を実現:上高田の家 )

 

 

事務所のサイト・トップ の写真にも

言葉を入れましたが・・・

 

家づくりで一番大切な事は

あなたの「好き」を実現する事です。

 

私は、施主の

ほんとうの「好き」を

実現したいです。

 

 

極端な事を言うと

それまでに胸の中にためいた

後悔とか不安とか、、

または

もしかすると持っているかもしれない

「自分を責める気持ち」

みたいなものを

開放してもらいたいんです。

 

 

前回のメール でも書いたように

「好き」とは

自分の自身の生き方や価値観の

考え方

を表します。

 

 

それを実現する事はうれしいと思います。

それを実現する事で、

自分自身が癒されると思います。

 

 

これから家づくりをする人も

すでに家づくりをした人も

 

「私の好き」について

考えてもらうといいな、と思います。

 

それに「好き」って

変わらない部分と

変わる部分があります。

 

時々振り返り

「更新」する事も必要です。

 

 

ここからやっとタイトルにつながります。。

 

「好き」を探していく事

「なぜそれが好きなのか?」

を考えていく事は

大切です。

 

それによって自分の価値観・・・基準が・・・

わかっていきます。

 

で、、

それがわかってきた時

 

「それ以外は関係ない」とか

自分の価値観に合わない人に

腹を立てたり、遠ざけたり・・とか

 

というような気持ちに

もしかするとなるかもしれません。

 

「好き」という自分のフルイをつくり

「選別する」

という感覚なのかもしれません。

 

自分が正しくて、相手は良くない。

 

みたいな気持ち。

 

自分の「好き」は

字のごとく 「自分の」 です。

 

他の人にも 「自分の」 があります。

 

 

自分の「好き」を知る事は

自分の心地良さの「大きな枠」を知る事です。

そこには柔軟性も必要。

 

その柔軟性とは、

「私はこれが好きだけど、それにはそれの良さもあるね」

と認めらる事。

 

「好き」を探す事は大切

「好き」を知る事は大切

「好き」の理由を知る事は大切

 

でも、それらで細部を固め

ガチガチの枠 を作ってしまうと

 

逆に 「それが全て」 になり

苦しくなります。

 

「これだけでいい」と思うより

「それもいいかもね」と

気持ちの余裕があるほうが

いいと思いませんか?

 

自分の「好き」があれば、

(他のものが)いいからと言って

今すぐ欲しいという欲望が出ません。

 

もう

「それ、今本当に必要?」と

自分に問いかける事ができるはずですから。

 

でも

「好き」って、、、変わるんです。

それもまた、いいじゃないですか〜

 

 

 

==============

 

【お知らせ】

 

LWH002 が

web magazine 100%LIFE に掲載されました。

思い描いた空間を自ら造る未完のミニマムハウス

 

施主のMさんの「好きな物」達で作られた

至福の家です。ご覧になってください。

 

==============

 

JUGEMテーマ:住宅

自分をシンプルにする

2020.05.26.Tue.11:52, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( 阿佐ヶ谷 帽子のアトリエショップ・demi-rêve ドゥミレーヴ )

 

お店の顔である入口の木のドアは、オーナーが探して購入されたもの。オーナーの作るものの方向性や人柄を表す。

 

 

======

 

【お知らせ】

 

「都心に住む!」独身者の家:LWH002 が

web magazine 100%LIFE に掲載されました。

思い描いた空間を自ら造る未完のミニマムハウス

 

施主のMさんの「好きな物」達で作られた

至福の家です。ご覧になってください。

 

======

 

 

1年ぶり?いや、、

2年ぶり?

 

ホームページのトップの写真を

とりかえました。

https://s-coco.net/

 

 

写真には

言葉を入れています。

 

入れ変える前と

少し?言葉が変わっています。

 

みなさんの家づくりに

伝えたい事を入れました。

 

ぱっと、一瞬で理解できるよう

できる言葉で・・・

 

のつもり。。

 

 

言葉に対して

あまりセンスがないのは

私自身、理解はしています。

 

なので、「これだ!」っていう言葉が

いまだ定まっていません。

 

 

言葉を探すために

いろんな文に興味を持ってはいます。

 

(いつのことだったかは忘れましたが)

はじめは・・

いろんな人の言葉を見て(読んで)は

「そうだな〜」と感心してました。

 

これもいいな〜

あれもいいな〜

 

と「いいな」がたくさんあって

あっち行ったりこっち行ったり・・・

その繰り返し。。

 

でもだんだんと

その振れ幅は小さくなっている

と思います。

 

これもいいな〜

あれもいいな〜

 

を、だんだん切り捨てている?

 

 

いいんだけど、いらないかな。。

いいんだけど、本当にあったら

  ちょっと違うかな。。

 

 

そうやって、捨ててる感じがあります。

 

 

「好きな事」はたくさんあっていいんです。

いろんな事に興味あるほうが

人生は豊かになりますから。

 

ただ・・

 

根拠がなく ただ「いいな」 だと

「いいな」の垂れ流しで

何か、自分に残らないんじゃないかと

思うんです。

 

「無駄」と思える事も

悪いわけではありません。

 

でも一度は

「いいな」と思う事や

「無駄」な事を削ってみて

自分の基準を見付けないと

 

自分の立ち位置すら定まらない。。

 

もっと言えば

自分が何者か?

というところで行き詰まります。

 

 

私にはできな事がたくさんあります。

せっかく家づくりの依頼をいただいても

 

それが、

私の中には無いものを求められるとしたら

それは、できない。

 

私自身の方向性

を示さないと

相手の方の時間や気持ちを無駄にしてしまいます。

 

 

 

私自身の方向性・・・

 

考え続けてきました。

削って残った事は

 

 

シンプルでありたい。

たくさんの物はなくていい。

心が触れ合えるような「好きな物」

だけを持っておきたい。

 

という事。

 

それは

家の形や使う材料についても同じ。

 

 

もしかすると

ストイックで気難しい

ようなイメージ、、あるかもしれません。

 

 

私としてはそんな事はないんですが・・

他の人には、そんなふうに感じられるところもあるかも。。

 

でも本当に

ストイックでもないし、線引きもないし

あやふやなところもあります。

 

 

シンプルにしていくと

他を受け入れられる・・・

 

そんな感覚があります。

もちろん、

いくらでも、

というわけではありませんが。

 

 

シンプルにして

大枠が実現できると

そこに満足感が生れます。

 

 

シンプルとは

何も無い

という事とは違います。

 

 

自分が理解できる

 

 

 

という事です。

 

 

家ができて住み始めた施主の方が

よく言われるのですが・・・

 

「”物の場所”が定まって安心できる」

 

これも

「理解できる」 という事のひとつ。

 

 

たくさんの事を同時に処理する事は

なかなか難しい事です。

できる人は当然いるんでしょうけれど・・

 

私もそうですが

そういう状態が決して心地良くない

と思う人も少なからずいます。

 

それは「苦しさ」にもつながります。

 

 

「理解できる」という状態なら

それ以外の事にたいして

「余裕」がうまれるのだと思います。

 

 

ただ、

 

その「余裕」が

いつのまにかたくさんになって

「理解できる」範囲を越えると

苦しくなっていきます。

 

 

 

自分をシンプルにしておく

 

ということ

大切だな、と思うんです。

 

物だけじゃなくて

考え方を。

 

 

 

「考え方」っていうと難しいそうですよね。

 

どういう言葉を使えばいいんだろう?

ずっと考えてきてたどり着いたのが

 

「好き」

 

です。

 

 

自分の「好き」の理由を考えてみる。

 

その理由、つまり「基準」こそが

自分の「考え方」だ!

と思いました。

 

だから

 

家づくりで

あなたの「好き」を実現する事が必要なのです。

「好き」はあなたにとって気持ちいい状態です。

 

せっかく作った家が

「気持ちよくない」なんて、おかしいですよね。

 

 

**

 

「シンプル」と「好き」は

私が至った考えなので、誰にでも合うとは思っていません。

 

感想やご意見、ご質問あれば

ぜひお送りください。

いや、他の考え方を知りたいです!

 

 

info2.scoco@gmail.com

 

 

 

====

JUGEMテーマ:住宅

ど・ノマール好き

2020.05.15.Fri.20:10, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( 共働き家族の生活基地 : にしこいの家 )

 

 

 

私は、車は・・趣味ではありません。

でも、そのデザインは気になります。

現在作られる車のほとんどには

まったく興味湧きません。

 

古い車のほうが気になります。

古い車のデザインのほうが

未来的に感じます。

 

工業製品としての仕上りは

現在のほうが比べるもなく素晴らしいのですが

まったく心が躍らない。。

 

今はIT、AIを屈指しどんな形でもできてしまいます。

昔は全てが手作業。

関わる人それぞれが最高の技術を発揮し

作られてきました。

人の知恵や技の集大成。

 

大衆車となれば

低価格にするために

できるだけ余計なものを削り

シンプルさを極めなければいけませんでした。

かつその中に

「人間らしさ」や「優しさ」がにじみ出ています。

 

そこまで洗練されたものは

そのまま、、ノーマルが

一番美しいと思うのです。

 

古い車を維持するためには

何かしら修繕されています。

 

それが、オリジナルのような雰囲気に

仕立てられていて

シンプルで

きれいにされている

 

そんな車を見るとものすごくワクワクします。

 

現在作られる車は・・・

私はほとんどワクワクしませんが

でも技術者達は「極めよう」として作っているわけで

それに敬意を払い

やっぱり、ノーマルが一番いいのではないかと思います。

 

余計なパーツとか、カラーとか、シールとか

たぶん技術者達の本意ではないはず。

 

私が今乗っている原付バイク・・・

ヤマハのJOGというバイクです。

 

「JOG」と書かれたシールとか

使い方の説明とか

そういったもの一切はがしました。

 

ヤマハのマークさえシールだったらはがしていたところですが

それは違ったので残っています。

なのでかろうじて「ヤマハ」だとわかります。

 

余計なシールをはがして

気持ちがすっきりするんです。

そのバイク・・・

いっさいパーツも変えず、付け足さず

ど・ノーマル!

 

それが好きです(笑

 

 

 

では家はどうか・・・

 

家は、住む人が自分の感覚で

「カスタマイズ」していかなければいけないと思います。

 

何かを飾ったり、

家具を変えたり

位置を変えたり

照明を足したり引いたり

 

自転車のサドルの高さを調整するように

ご自分の感覚に合うようにしなければいけません。

 

 

中古住宅を買った場合には

必ずそれが必要。

もしかしたら

「ど・ノーマル」でいけるくらい

ぴったり感覚に合ったものに出会うかもしれません。

 

そうでなければ

何かしら手を加えましょう。

 

「外観はいいんだけど

中身はそのままではイヤ」

というのなら、リフォームが必要です。

 

リフォームが家に対して

何か悪い事するというわけではありません。

 

建替えないかぎり

どうリフォームしてもその家の何かは

そのままなわけです。

 

その家を完全否定するのではなく

その家の素質、つまり「ノーマル」な部分を

理解してあげ生かしてあげる

 

そんなふうに考えるといいと思います。

 

リフォームは

あなたの住まいの「ノーマル」を作る事です。

 

 

 

元の家は、その「素質」を無視し

変形されたり無理に飾り立てられていたのかもしれません。

 

私はリフォームの時

その家の「素質を引き出す」事を考えます。

できるだけ

「ど・ノーマル」にしたい。

 

その結果・・

使いやすくなったり

暮らしが楽しくなったり

するのです。

 

 

 

――――――――――

JUGEMテーマ:住宅

「好きな事」があなたを救う

2020.04.19.Sun.13:57, auther: shida
category: 「好き」が大切, comments(0), -

( 築3年でリノベーション。杉床で叶った『木の家』: 中板橋の家 )

 

 

コロナによって外出自粛、休校、在宅と

子供から高齢者まで

みんなが我慢しています。

みんながストレスたまります。

 

 

小さな子供がいれば

その子のストレスもすごいでしょう。

そのそばにいる大人は・・・

 

子供の気持ちをわかってやらなければいけない。

大人なんだから。

 

だけど・・・

大人だってストレス溜まるのはいっしょ。

それと同時に不安が膨らみます。

あなたの気持ちをわかってくれる人がそばに居ますか?

 

夫婦なら相手がわかってくれる・・・といいですね。

でもそれもまた、現実はうまくいかない。

そこでまた別のストレスが。。

 

でもそれはお互いにそうなのだから

非難や否定は、、、抑えましょう。

そういう感情が起るのはしょうがない事です。

でも今・・・

 

みんな、、、気持ちの行き場がない。

 

 

ストレスや不安を和らげるのに

「好きな事」があなたの力になります。

あなたの心を守ります。

 

・・

 

2011年東日本大震災そして原発事故

 

あの時、振り返ると私には好きな事がなかった。

 

家をつくるこの仕事が好きで

その「好き」で十分だと思っていました。

でも

社会の状況で、その仕事がなくなってしまうと

「好き」もなくなってしまいます。

 

「好き」がなくなった私は

当時、実はかなり苦しかった。

心は結構キズだらけでした。

 

でも現在こうしてやっていられるのは

声を掛けてくださった人達がいたからです。

おかげで「好き」が続けられるようになりました。

 

ただ・・・・

「好き」ではあるけれど、

心を守ってくれる「好き」とは違うという事が

だんだんと理解できるようになりました。

 

その当時は

「好き」の事なんでて何も考えてませんでした。

だんだんと、わかってきたんです。

 

それは

仕事からわかった・・・というより

依頼してくださる皆さんから知る事ができた

というのが正しいかも。

 

家づくりにおいて私は

「あなたの本当に好きな事を実現しましょう」

と言うようになりました。

 

それ以前は

「みんなが・・ 家族が・・ 笑顔になる」

という事が大切だと思っていました。

それはそれで理由があって

誰かの言うのをまねしたわけではありません。

 

が・・・

 

そんな事はハウスメーカーだってみんな言ってます。

ですから、家ができればみんな幸せになるはず。

 

なのに

幸せになれない人がいます。

 

その理由を、お話しを聞いているうちにわかりました。

 

できた家に

「本当にしたかった事」

「本当に好きな事」

が抜けてしまったから。

 

そこからわかった事は

みんなの前に、自分が幸せになる事が必要。

 

我慢し続けストレス抱えていては

どんな家つくっても幸せになれない。

それがやがて家族にも影響を与えてしまいます。

 

でも、たとえ一つであったとしても

あなたの「好き」が実現していれば

それはあなたの味方となり、あなたの心を守ります。

 

「好き」は、なにも家として形になったものだけではありません。

もちろん趣味もあなたの味方。

 

趣味とまでいかなくても

眺めるだけで心が落ち着く、もしくはワクワクする

そんなものでもいいんです。

 

私は、毎朝通る道に、好きな家があります。

(やっぱり家^^;)

その家見ると気持ちが穏やかになります。

ただ、 古い家なので気が付くとなくなってしまう危険もありますが。。

 

「私はこれが好き!」って言えるもの・・・

あるといいですね。

 

数年前から私は

イラストがすごく気になりだし

あるイラストレーターと知り合えたりもできました。

美術館にも行くようになりました。

ふらっと一人で。

 

コロナで今後どうなるか、不安ではあります。

でも、絵を見る事で元気が湧きます。

 

もしあなたが今、不安のほうが強いなら

自分の好きな事、、、思い出してください。

きっと、あなたの力になります。

 

====

JUGEMテーマ:住宅

====

 

こちらもどうぞ

 

 


read more...