その存在が愛おしい

2020.03.12.Thu.11:13, auther: shida
category: シンプルに暮らす, comments(0), -

( 家族3人と2匹の猫の小さな家 LWH003 )

 

 

コロナウイルスで大変な状況が起っています。

あなたの仕事や生活に支障が出ていますか?

 

私の仕事では・・・・

コロナとは関係なく、

保留・・ 縮小・・ お断り・・ などあり

まあ、それを停滞と言えば

そうなのかもしれません。

 

でも

しょうがないですよね。

それぞれみなさんに事情があるのだから。

「今がそのタイミングじゃない」

という事もあるでしょう。

 

私にはどうする事もできない。。

 

「時間を掛けて考えましょう」

「その状況でできる事だけしましょう」

「ご自分を責めないでくださいね」

 

と言う事しかできません。

だけどもうひとつ言いたい事があります。

 

どんな状況も悲観するのではなく

自分が主体となり、自分の意志で行動し決断してください。

 

誰かのせいで「私はこんな目に合ってしまい・・」

と 悲しくならないでください。

 

あなたに起った事は、あなた自身で判断すればいい。

どう考えても自分の力でどうこうできな問題なら、

悩んでもしょうがありません。

 

あなたの人生・・・あなたが決めればいい。

 

コロナウイルスにしたって

日本のように自己利益のために諸々後手にまわり

結局、場当たりの対処をし右往左往してる

そんな国ばかりじゃありません。

日本だけ見て悲観するのはおかしいです。

 

そもそもコロナは人工的に作られた、という話もあります。

真偽はわかりませんが、その後の対処を含め

結局は誰かが起こした事。

かつ、それを利用し儲けてる人が五万といるわけです。

 

そんな誰かのために

あなたが、私が、被害をこうむり、”これから”を

悲観するのなんて、、、バカらしくないですか?

 

人間が起こした事は人間が解決していきます。

 

今やるべき事は、「次をどう生きるか」を考える事。

 

 

与えられて生きているんじゃありません。

 

『 私 』は・・生きる。

『 私 』が・・生きる。

 

あなたは、「かわいそう」な存在なんかじゃありません。

あなたの中の『 私 』は、愛おしい存在です。

 

みんなで、自分の人生を生きましょう。

 

 

====

JUGEMテーマ:住宅

====

 

見学会のお知らせ

 

↓↓↓↓↓↓


read more...

「丁寧な暮らし」が腑に落ちない

2020.02.03.Mon.20:12, auther: shida
category: シンプルに暮らす, comments(0), -

マンションリノベーション Kinoco/キノコ )

 

 

『暮しの手帖』という雑誌をご存知だと思います。

 

少し前、『暮しの手帖』の創刊者の生涯を描いた

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」で盛り上がりました。

それも興味深かったのですが

個人的には

松浦弥太郎さんが『暮らしの手帖』の編集長に

なった事が衝撃でした。

そこで取材や雑誌を作る”視点”が

『暮らしの手帖』に持ち込まれました。

松浦弥太郎の『暮らしの手帖』

という感じもなくはなかったです。

 

松浦さんと言えば ”丁寧な暮らし”

 

好ききらいはあるでしょうけど

私は松浦さんの”丁寧な暮らし”は好きです。

 

ただ、彼の”丁寧・・”は

ちょっとストイックなところを感じます。

何か物語を語れるような”物”を持ってないと

いけないような感じもしてしまいます。

 

 

丁寧に暮らす・・・ という事は

私も大切だと思います。

 

「とりあえず」を止めてみよう

というのは、丁寧な暮らしの第一歩

だと考えます。

 

その言葉が良くて

(いや、その表す雰囲気ですね、、、)

その言葉をよく使っていた時期がありました。

 

でも、だんだん

”丁寧な暮らし”って何なんだろう?

というのが、明確にできなくて

使わなくなっています。

 

昭和を”丁寧な暮らし”のお手本

みたいに言う人がいます。

 

少なくても、戦後しばらくして

復興し始めるまで日本は

あまり工業国とは言えず

基本的には職人達が作る物が

日用品でした。

 

母や祖母がよく言っていたんですが

ビニールの風呂敷?が手に入った時は

とても大事にしていたそうです。

今みたいな柔軟性もなくバリバリになっちゃう物

だったそうですけど。

 

そんな物がうれしかったんでしょうね。

 

家庭用の洗濯機が普及しだした時

主婦は大喜びだったと思います。

洗濯板から開放されたのですから。

 

今みたいに便利な“家電”なんてなかったんです。

ですから家の事やるためには

「専業(主婦)」が必要だった。

それだけ大変な事です。

 

便利なものがないから

知恵が生き、様々に工夫して

少しでも便利にしようとしてきました。

 

そこが、”丁寧な暮らし”なのでしょうか?

 

それでも・・・

手間掛けて暮らしの事をやるのは

大変です。

 

”丁寧な暮らし”を掲げる人達は

そこをどうゆうふうに考えているのでしょう?

 

私は時々、コーヒーの生豆を家で焙煎します。

 

それを、”丁寧な暮らし”というなら、そうなのかもしれません。

でも、家族からは、

煎る匂いが「くさい」と言われ

喜ばれません。

完璧に自己満足以外のなにものでもありません。

 

たまに・・・だからできる事だし。

 

 

多くの人が言う”丁寧な暮らし”というのが

本当の事言うと、あまりよくわからない。。

それを「腑に落ちない」というのでしょうね。

 

”丁寧な暮らし”というのが

なんだか 

スタイル になってるような面も感じます。

 

無印良品のような生活してるとか?

暮らしの手帖は愛読書とか?(必読書?)

 

 

私は、シンプルに暮らす のがいいと思っています。

それは”丁寧な暮らし”の一部なのかもしれませんが

”イコール”ではないと思います。

 

以前

LWH002の施主Mさんと

”丁寧な暮らし”について語った?事がありました。

どこかに書いたような気が・・・

探しておきます。

 

 

『暮しの手帖』は、

松浦さんが辞めてから興味がなくなったのですが

その次の次になるのか?

今発売の刊から新しい編集長になりました。

その人は北川さんという女性で

ずっと『暮らしの手帖』にいる人です。

北川さんには10年くらい前に2度ほどお会いしました。

一度は、私のオープンハウスに来てくださいました。

 

とは言っても、私の事を覚えてないでしょうけどね。

 

 

 

でも、「ちょっと知ってる人」が

あの『暮しの手帖』の編集長になるなんて

なんだかうれしいです。

 

(まったく勝手な思い込みですけどね)

 

その北川さんが

就任の挨拶を書いています。

http://www.kurashi-no-techo. co.jp/blog/bookinfo/200124

 

その中でとても興味ある事を書かれていました。

なんと『暮しの手帖』の人なのに

 

たぶん私のなかにずっと、

「丁寧な暮らし」というフレーズにたいする

懐疑があった

 

と言うのです。

へぇ〜 同じような事思ってた人なんだ・・

 

北川編集長初仕事の号のタイトルは

 

「 丁寧な暮らしではなくても 」 

 

読んでみたくなります。

ちょっと書店で立ち読みしました。

巻頭は、ある写真家の話しです。

 

 

うん、わかる。

 


よかったら、読んでみてください。

 

====

JUGEMテーマ:住宅

「より少なく、しかしより良く」

2019.12.30.Mon.15:14, auther: shida
category: シンプルに暮らす, comments(0), -

( マンションリノベーション Kinoco(キノコ) )

 

 

『より少なく、しかしより良く』

Less, but better

より少なく、しかもより良く。

それは本質的な部分に集中するということ。

それにより製品は、

不要で過剰なデザインから開放される。

 

 

ディーター・ラムス

「グッド・デザインの10原則」

より

 

 

 

ディーター・ラムスとは

ひげそりで有名な『ブラウン』の

インダストリアル・デザイナ―だった人。

 

 

その人は、

アップル社の製品のデザインを担当してきた

ジョナサン・アイブ

に影響を与えていると言われています。

日本人では深澤直人にも・・と。

 

 

同じよう事を

ミース・ファンデルローエ

という建築家が言いました。

 

 

Less is more

『少ない事はより豊な事』

ある物に追加の要素を付け加えたり

個性を出すために装飾品を飾り建てるのではなく

今そこにある物から不要な要素を差し引いていく事で

限りなくゼロに近い表現・スタイルによって

生活をシンプルにしていく事

 

 

私は建築を学んできましたから

Less is more

とはお坊さんのお経のように

なんども繰り返して聞き

自分でも考えてきました。

 

 

 

今・・・なぜか私は

Less is more

は辛くなるのです。

 

 

建築以外でも同様な事・・・たとえば

 

『シンプルに暮らす』

 

という事が言われています。

 

 

 

 

『シンプルに暮らす』という事は

今、私の中では『芯』のような考えです。

 

でも、Less is more ではない。。。

 

物を減らしたいのではないんです。

ざっくり言えば、

もっと物事を単純にし、

『身軽に・・・気楽に・・・なりたい』

のです。

 

それにより

『自由になれる』

『自由な発想ができる』

『固定した考え方ではなく、 いろんな事の良い面を知る事ができる』

それが

『豊かな事』

だと考えます。

 

この世には

美しいもの

素敵な人

楽しい事

感動する出来事

などなど

 

いい事がたくさんあります。

何も世界中を旅しないといけないような事ではありません。

 

身の回りの小さな事にだって

あるんです。

 

それらに出会う事

知る事

感動する事

 

それだって

人生を豊かにする事です。

 

 

Less is more

それは

デザインのスタイル(様式)なのかもしれません。

 

 

 

ディーター・ラムスの言う

『より少なく、しかしより良く』

Less, but better

を知った時・・・

 

 

そう!それ!

 

 

と思いました。

 

減らす(少なくする)事が目的ではなく

「より良くしたい」

「より豊かになりたい」

事が目的です。

 

 

ディーター・ラムスの

「グッド・デザインの10原則」

には

こんな原則もあります。

 

 

 

 

『主張しない』

ものは道具としての役割そしっかり果たす必要がある。

装飾的なオブジェでも美術品でもない。

使う人の個性を発揮する余白を残すためにも

デザインはニュートラルで控えめであるべきだ。

 

 

 

 

私が考えてきた

『家は、人の暮らしの背景になればいい』

と、同じ事を言っているのだと思います。

 

 

 

 

ディーター・ラムスの

「グッド・デザインの10原則」

 

ぜひ読んでみてください。

 

 

 

=========

JUGEMテーマ:住宅

=========

 

 

 

【お知らせ】

 

2020年最初の家づくりの相談会を

1月18日(土)にやります。

 

 

オリンピックが終わったら景気悪くなる・・

経済が停滞している・・

年金が・・

 

いろいろ思う事があるでしょう。

あなたはその視点で生きますか?

その枠組みにはまって生きなければいけませんか?

 

私はそんな生き方しなくていいと思います。

家にはもちろんお金掛ります。

「そんな余計な事してられない」と思いますか?

あなたの住む家は、余計なもの ですか?

 

もし思うところがあれば、来てください。

家の事・・・

家の事じゃなくてもいいです!

 

 

家づくりの相談会 お茶会@新宿

 

ぜひご利用ください。

いろいろお話ししましょう。

 

とりあえず、はじめの一歩を

お手伝いできると思います。

 

90分ですが

あなたの”味方”になります。

家づくりの相談会 お茶会@新宿

 

「シンプルに気持ちよく暮らしたい」

2019.11.20.Wed.13:58, auther: shida
category: シンプルに暮らす, comments(0), -

( 都心に住むための小さな家  LWH002 )

 

 

先日、家の建て変えを考えていらっしゃる方のお宅に

お話しを伺いに行きました。

 

そのご夫婦が求めるのが

 

 

 

「 シンプルに気持ちよく暮らす 」

 

 

 

という事。

 

まだご紹介するわけにはいかないけど

そのお宅は古い家をご主人が自分で家の中を工事した

とてもシンプルで気持ちよい空間でした。

 

物も少なく

暮らしのひとつひとつの事に対して

ご自分達にとって気持ちいいものを

求めていらっしゃいます。

 

そうゆう実生活を拝見しながら

 

 

「シンプルに気持ちよく暮らしたい」

 

 

という事を聞くと

とてもうれしくなります。

 

そうゆう事を言い続けていると

見てくださる人がいるんだな〜

と思いました。

 

ご夫婦そろって・・・

 

 

「 物は・・・いらないな〜 」

 

 

と。

 

いいですね!

 

 

 

そしてご主人が言われたのですが

 

「物が少なくっていくと、結局”好きなもの”が残っていく」

 

 

 

本当にその通り。

 

必要なのかどうかわからない沢山の物があるより

少なくても本当に自分の好きな物と暮らすほうが

毎日が気持ち良くなります。

 

 

修行のように断舎離する必要はありません。

物を捨てる・・・処分するのは・・

心苦しいものです。

それを無理やり続けるのはストレスです。

 

ゆっくりでいいから

 

自分の好きな物だけ選んでいきましょう。

 

 

とりあえず

自分の机の回りとか

キッチンの回りとか

本棚とか

 

1カ所だけでもいいから。

 

 

================

JUGEMテーマ:住宅

================

 

 

【お知らせ】

 

家づくりの相談会 お茶会@新宿

 

よかったらぜひご利用ください。

いろいろお話ししましょう。

 

とりあえず、はじめの一歩を

お手伝いできると思います。

 

90分ですが

あなたの”味方”になります。

家づくりの相談会 お茶会@新宿