ハマスホイとデンマーク絵画・展に行きました

2020.02.03.Mon.20:17, auther: shida
category: 雑談, comments(0), -

#ハマスホイとデンマーク絵画 #東京都美術館 2020

 

 

東京都美術館で開催されている

『ハマスホイとデンマーク絵画』展に行きました。

 

ハマスホイとデンマーク絵画|東京都美術館

ヴィルヘルム・ハマスホイ (Wikipedia)

ヴィルヘルム・ハマスホイ 画続一覧 (Google)

 

 

インスタグラムで

#vilhelmhammershoi

をホローしていたら

「行きました」「よかったです」

みたいないなのが次々にUPされ出して

もう気持ちがわさわさしてしまい

日曜でも混むかな〜

と思いつつも、「行きたい!見たい!」

が勝ちました!

でも、まだ開催されて日が浅いせいか?

知名度が少し低いせいか?

日曜美術館(NHK)でやる前だからか?

すいていました。

 

まず・・お勧めします。

 

ハマスホイとは

室内画、人物画 で有名です。(だそうです)

 

==

白・黒・灰色を基調とした抑えた色調で、

時間の止まったような静寂な空気を

感じさせる細密なタッチの室内画

が中心である。

(ウィキペデイア)

==

 

その静寂さに惹かれました。

その絵の多くが、

住んでいたアパートの部屋を

 

描いているのですが

 

北欧の冷たい空気の部屋・・

窓から入る光もどか冷たそうで

差しこむ光にふわふわと舞うホコリが

キラキラする

その音がするのではと思うほどの

静けさが満ちています。

 

だから『静寂』と言わるのでしょう。

 

人々の感想には・・

 

そんなシーンとした部屋にひとり

膝を抱えてうずくまっているような

「ネガティブな感じが好き」

というのを結構見かけます。

 

自画像を見ると、決して“明るい”感じ

の人ではなかったように見えます。

すごく真面目で、どちらかと言うと人が苦手

なタイプだったのかも・・・

憶測ですけど、、、そんな感じがします。

 

では、すごく悲観的で、

籠りがちの人だったのか?

 

私は、そうは思いません。

 

ハマスホイについて

「こんな人だったんじゃないか」

と、妄想を書いてみました。

ハマスホイについて妄想してみる

 

 

 

展覧会場は、4部構成で

3までは19世紀デンマーク絵画

4がハマスホイ。

 

ハマスホイについては、物足りなさがあるんですが

デンマーク絵画はなかなかよかったです。

風景画、室内画、人物画 が主です。

 

**

 

私も、ハマスホイが描くような部屋・・空気感が、好きです。

 

もしあなたも、好き!と思うなら、できるだけ早く

見に行ってください。

すいてるうちに、ゆっくり時間掛けて

浸ってください。

 

日曜美術館(NHK)でやったら

きっと混み始めます。

無印の平屋を見て思った事

2019.09.21.Sat.19:15, auther: shida
category: 雑談, comments(0), -

( 都内に住む姉妹家族の週末住宅[平屋]  S+T House )

 

 

無印良品・・・

 

好きですか?

アンチの人もいますが・・・

私は好きです。

好きといってもほどほどに。

 

手帖は、今のところ”無印”使ってます。

 

無印のお店に行ってぶらぶらしてると

気持ちが落ち着くようなところもあります。

特に何も買わないんですけど

物の形のシンプルさとか、商品の色数も少なく

全体的に落ち着いてるからだと思います。

 

今、無印は住宅メーカーでもあります。

「無印が家を作りだしたらすごい事になるだろうな〜」

と思っていたら、本当に作りだし驚き焦りました。

 

無印が家を作ったら

「無印の家でいいや」と思う人がほとんどじゃないか

と思っていたからです。

でも、そうでもなかったです。

 

住宅メーカーも私達設計事務所も

駆逐されなくてよかったです。

 

その無印が今度、平屋の商品を出しました。

家を商品とは言いたくないんだけど、この場合には

やはり商品ですね。

 

 

陽の家

 

 

ひの家 かと思ったら ようの家 でした。

そのページを見て思いました。

 

良くも悪くも無印だ と。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あなたがもし

無印の家に住んでいらっしゃったとしたら

ごめんなさい。

無印の家は、家の機能や暮らしのベースとしても

いい家だと思っています。本当に。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

無印ファンにとっては楽園?のかもしれませんが

何か 空虚な感じ を感じてしまいます。

シンプルだしそれなりの大きさの家なのに

深みがないというか。。

 

質感がないというか・・・

 

あまりに優等生 というか・・・。

 

 

もし・・・(絶対に無印はやりませんが)

床を厚さ3cmの国産杉板

にしたら、お手上げ な気持ちになります。

 

もし・・・(絶対に無印はやりませんが)

オプションで

古材の梁と柱を使う事ができたら

「まいりました」と言わざるをえません。

 

 

 

それと

思ったんですが

 

納戸もないし

小屋裏収納もないし

 

メインの住まいだとしたら

ミニマリストしか住めない。

 

住むとしたら

家の裏にプレハブ物置を置かれるでしょう。

 

家って、

やっぱり生々しいところってあります。

それらを気がねなくつっこめる場所が

あるといいですね。

 

実際に無印の家に住んでいる人は

そんなに生々しさのない暮らしをするのでしょうか?

 

そんな事はない! とすると

ちょっと苦労してるのかな・・・。

物々しくなったりしてないのかな・・・。

家の物全部”無印”だったら大丈夫なんだろうか・・・

 

いや・・・

それはそれで

想像すると息苦しくなるんだけど